ソーシャルレンディングでの資金集めご存知ですか

「お金を借りたい人」と「お金を貸したい人」を、インターネットを通じて結び付けるサービスにソーシャルレンディングがあります。ソーシャルレンディングは、資金を必要とする側にとっては資金集めの1つの手法であり、一方、貸付をする側にとっては投資の1形態になります。混同されるものにクラウドファンディングがあります。厳密にいえば、クラウドファンディングには、投資型となる融資型・ファンド型・株式型と、被投資型となる購入型・寄附型の2種類があり、ソーシャルファンディングはこの中の融資型にあたります。つまり、クラウドファンディングの1形態ということができ、実際においては同じ意味として多く使用されています。手法に関しては、主なものとしてマーケット型、オークション型、貸付型・ファンド型があり、お金を借りたい人(ボロワー)、お金を貸したい人(レンダー)、仲介事業者(サービス提供者)の3者によって成り立っています。各案件に関しては仲介事業者が、借り手が確実に返済できるかどうか審査を行い、初めて公開されることになります。

行われる資金集めの仕組みについて

融資をするには貸金業法の登録が必要になります。ソーシャルレンディングでは、事業者が貸金業法の登録を行い、投資家から匿名組合契約という形で資金を預かり融資を行う形態が用いられます。資金集めの仕組みは、まず、営業者はホームページで投資家の募集を行います。投資家は、投資のリスクと手数料、その他契約前書面に記載されている事項を確認し同意をした場合には投資の申込を行うことになり、投資金額を送金します。借手の募集に関してもホームページ上で行われ、ここでは、営業者の審査で承認されることで、借手に貸付条件等を記載した契約締結前書面が送付されます。貸付条件に同意がなされた場合には貸付が実行され、この場合、投資家が借手に直接貸付を行うのではなく、営業者が貸付を行うことを理解しておく必要があります。

借手側から見たメリットについて

ソーシャルレンディングには、資金を集めやすいという大きな特徴があります。内容を見て投資をしたいと感じる人を募集する形となるために非常に広い範囲から資金集めをすることができ、ここでは、求める金額と目的の提示に対して融資の判断が行われます。また、銀行融資に見られる稟議がなかなか通らないケースのように融資実行が遅れることも少なく、スムーズに行うことが可能になります。借手側には低金利で借りられるというメリットがあります。融資という仕組みにはなるものの、例えば銀行とは異なり、リスクに関しては相応の利息は設定されません。あくまでも出資者が投資をする個人もしくは企業となるために仲介事業者は何ら負担を負うことなく資金を回すことができ、その分、コストをカットすることができます。一方、貸手側から見てもリターンが期待できることになります。